保険料の引き落としが給料日前で困った時の対処法

月々の保険料支払いに口座振替を利用していて、引き落としが給料日よりも前になっていることで困っている方向けの記事です。

この場合、クレジットカードを有効活用することでうまく対処することができます。

給料日イメージ

保険料の振替日は26日・27日が多い

自動車保険や火災保険など、損害保険の口座振替は振替日が26日となっていることがほとんどです。

また、生命保険の口座振替は振替日が27日となっていることが多いです。

給料日が25日となっている会社が多いためにこのようになっているものと思われます。

 

給料日前でピンチ…!

給料日が25日の方にとっては、給料が入ってすぐの引き落としとなるため、振替日が26日・27日というのは便利ですよね。

でも、給料日が25日ではない方にとっては、給料日まで保険料相当の残高を口座に残しておかなければならず、なかなか大変なことになります。

口座からの引き落としが保険料だけならともかく、電気代・ガス代・水道料金・携帯代・車のローン…と口座振替になるものがいっぱいあって、いくら残しておいたらいいのかわからなくなってしまいがち。

誰しも給料日前はお金がないもの。「引き落としがもう少し後だったらいいのに」と思った方もいるのではないでしょうか。

クレジットカードで解決!

あまり知られていないかもしれませんが、いまやほとんどの保険がクレジットカード払いに対応しています。保険料のクレジットカード払いを活用することで、上記の問題を解決できます。

クレジットカードの引き落とし日はカード会社ごとにばらつきがあります。カード会社の中には、複数の引き落とし日を用意していて選べるようになっているところもあります。

私が調べたところによると、以下の支払日があるようです。(こちらのサイトを参考にしました)

1日、2日、3日、4日、5日、6日、7日、10日、17日、26日、27日

ご自身の給料日から考えて都合のよい支払日となっているクレジットカードを作り、保険料の支払いをクレジットカード払いにすることで、「保険料の引き落とし日なのに、給料日前でお金がない!」という事態を回避できます。

副次的なメリットとして、貯まったカードのポイントを有効活用できる!という効果もあります。

ご活用を検討されてはいかがでしょうか?

なお、保険料以外の支払いもできる限りクレジットカードに集約すると、お金のやり繰りがやりやすくなると思いますよ。

 

 

ほけんのエスアイアートでは、保険に関するご相談を受け付けております。「押し売り」はしませんので、ご安心を。どうぞお気軽にご相談ください。

姫路・高砂・加古川で保険のご相談なら、ぜひほけんのエスアイアートへ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年10月4日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hayami