示談交渉サービスの説明書~交通事故の示談交渉でいやな思いをしないために~

今や当たり前のものとなった、自動車保険の示談交渉サービス。

このサービスのおかげで、事故の後処理は保険会社任せにしてしまうことができます。

相手方とのわずらわしいやり取りをしなくて済むというのは、大きな安心ですよね。

示談交渉イメージ

しかし示談交渉サービスの中身、つまり、保険会社が示談交渉の場においてどんなことをしているのかについてはあまり知られていません。

中身がよくわからないために、イメージ先行でサービスに対する期待が膨らみすぎているきらいがあります。

その結果起こるのが、次のような誤解です。

「保険会社に過失割合を決められてしまった!」

「保険会社が弱腰だから交渉に負けた!」

「保険会社は自分の味方になってくれなかった!」

などなど。

いずれも期待と現実のギャップからくるものです。

 

この誤解を解くためには、示談交渉サービスの中身を知り、過失相殺の根底にある考え方を理解する必要があります。

まずはそのことを2回に分けて説明していきます。

①示談交渉サービスの中身を解説 〜「保険会社に過失割合を決められた!」の誤解

②過失相殺の根底にある考え方とは 〜「原因を作ったのは誰か」ではない

 

そして最後に、これらのことを踏まえてどう対処すべきかについてご説明いたします。

③示談交渉サービスの本質 〜「保険会社は自分の味方になってくれなかった!」の誤解

 

順次投稿していきますので、よろしくお付き合いくださいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年8月20日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : hayami